言葉綴り 39

「何もないから、工夫をする」

4月28日からペシャワールに1週間休養を兼ねて視察に行くので、中村 哲医師に電話をしました(現在日本です)。
そのとき中村先生が「現地は何も無いから、色々工夫をする」と言われました。
作家の村上 龍氏は「日本には何でもあるが、夢が無い」と、書いています。


私は忙し過ぎる毎日をおくっています。これはある意味では、何でもあるが、夢が無い生活かもしれません。自分の色々な経験が患者さんと話をする時、役立つと考え、忙しすぎる人生の悪影響に関し、学ぼうとしてきました。忙し過ぎる人生を忙しくなく出来ないのかが、今のテーマです。忙しくないというのは、暇というわけではなく、豊かに、深く、生きるにはという意味です。暇を望んでいるのではありません。


何も無いペシャワールだからこそ、何かを生み出す力をもらえるかもしれません。彼らの知恵を学んで期待と思っています。


中村先生と話をして驚いたのは、ペシャワールで最近選挙があり、何とタリバンが大勝したそうです。今ペシャワールはタリバンの政策が主で、アルコールも全面禁止だそうです。タリバンは大衆に指示され、北パキスタンはタリバンが主だそうです。


日本の報道と現実の違いにあきれていました。これは、国内の報道も同じで、医療現場の小さなことが、鬼の首を取ったように報道されているような部分もあります。他の分野でも同じでしょう。そして、だんだんそれが日常茶飯事のような気に社会がなってきて、規制が制度化されて、社会がますます窮屈になり、心が縮こまり、ひいては自殺へとつながっていくのでは。何せ、日本は世界一の自殺国です。


この国は、何も無いから工夫する豊かさを、学ぶ必要があると思います。自分も学びたいと思います。
この1,2年の抑うつから少しずつ脱皮しつつあります。その回答は「何も無いから工夫する」という言葉と何も無い所で生きている人の知恵の中にあるような気がします。
竜馬が江戸に遊学したように、ペシャワールに遊学しに行って来ます。

言葉綴り 38

「始めたものは、やめるわけにいかない。引き受けたものは、投げ出すわけにいかない。」
雑誌Big Tomorrowの3月号に尊敬しているプロレスラー「三沢 光晴」の記事が載っていました。
ジャイアント馬場が亡くなったあと、プロレスラーを辞めようと思ったそうです。
「もし、三沢光晴という一人のレスラーの気持ちだけだったら辞めていたかもしれない。でも、後ろを向けば自分についてくる人間が何十人といましたから。あのとき、これは辞められないと思ったね」と答えています。


私も堂園メディカルハウスを頼ってくる患者さんがいる限り、身を削ってでも、頑張らなければいけないと、このコメント読み感じました。今でも、難民のように病院を追い出されそうな患者さんが沢山相談に来られます。何とか対応したいのですが、看護婦さんの数が足りません。でも、始めたものは、求められている限り、辞めるわけにはいきません。妻といつも話しています。


三沢はさらに言います。「やりたいようにやらなきゃ意味ねえよ。テメエの人生なんだから。満足なんかしてたら、そこで成長は止まっちゃう」と。


私が今月末にパキスタンのペシャワールに行くのも、患者さんのために次なる施設つくりの視察の目的もあります。
堂園メディカルハウスで満足していたら、今まで私が看取った人から学んだものが生かされません。今まで亡くなった患者さんが教えてくださった何かを形にしなければ、怒られそうです。


新しい会社を作る時、マスコミは大手スポンサーがついたとか日本テレビと話ができているとか書かれたけれど、「言いたきゃ言っとけや」と言う気持ちだったと、三沢は言います。


私も堂園メディカルハウスを作る時自己資金0で親にも資金援助を受けず「時代が担保だ。採算はわからないが、勝算はある」と大見得を切りました。今でも、色々外野の声が聞こえますが、天に任せています。


「自信は自分がやってきたものの積み重ねだからね。明日、一週間後、あるいは一年後、もっと先になって振り返って時に、「今のオレはあの頃のオレより自信を持っている」と、確信を持って言えればいいんじゃなにかな。人生に”たら”、”れば”はない。後悔しても時間は戻らないからね。それだけを胸に刻んで、毎日を必死に歩んでいけばいいじゃないですか」


私はこの三沢に言葉にどれだけ勇気付けられたことでしょう。きっと三沢も一プロレスラーと社長という間で、色々苦労があると思う。しかし、最後の言葉など、行動が伴わない学者が書いた人生論を超えている。



自信なんてなくていいんだ。振り返った時「今のオレはあの頃のオレよりは自信を持っている」と、確信を持って言えるように必死で生きよう。

言葉綴り 37

「お金の年金より、友達の年金を」

仕事をしている時は毎日会う人の8~9割は仕事関係、職場の人です。
定年になると、毎日仕事であっていた人とは会うことがなくなります。
そうなると家でブラブラしてしまいがちです。
いくら年金が入っても、友と語らう機会が少ないのは、寂しいです。


私の父は年をとり診療所を縮小しても、色々な友達がおり、亡くなる寸前まで友に囲まれていました。
私が小さい頃父は「総理大臣から乞食まで友達だ」とよく言っていました。
いつも分け隔てなく人を大切にしていた父に、年をとってからの友は、若い時からの積み重ねであることを学びました。

言葉綴り 36

「喜びがわかるようになるには、悲しみを知らなければいけません」(イエス・キリスト)
「死んで私が体験したこと」べティー・イーディー著、鈴木秀子訳、角川書店刊の中に出てくる言葉です。
非常にシンプルな言葉ですが、とても深い言葉です。


言葉綴り-34のMany Wintersもそうですが、悲しみは生きていく時、一番となりにいるものなのでしょう。自分の影のような存在かも知れません。
ベートーベンは「悲しみを通して喜べ」と書いています。耳が聞こえなくなった後で書いた言葉です。
想像できない絶望感の中で見つけた光から学んだ結果の言葉なのでしょう。
悲しみは誰かに悲しいと伝えることが大切です。
それはオノ・ヨーコが言っているように「一人で泣くことは出来ても、一人で笑うことは出来ない」、悲しみから喜びを知るには、人が必要です。

言葉綴り 35

「苦しみも悲しみも未来の一部である」

未来はバラ色だけでない。苦しい時や悲しい時は、必ずあるし、その時間のほうが長いかもしれない。
その時間は生きていく上での、義務の時間であろう。生きていく上での業と言えるかもしれない。


そのような時間を乗り切るために、神様は人間に愛を感じられる能力を授けて下さった。
辛く寂しい時は、とにかく手の届く人に、辛い、寂しい、悲しい、うつだと言い伝え、甘えることである。
それしか方法はないと思う。


やがて悲しみや辛さは感謝に変わっていくでしょう。

言葉綴り 34

「Many Winters」

インディアンの長老が、人生を悟るとは「長い間雨が降らずに、砂漠のようになってしまった土地に草原を想像できることだ」と、話してました。そして、「あなたに私の気持ちを教えることは簡単だが、それでは老人として人生を最初から生きてしまう」と、話しています。


人はMany Winters、いくたびの冬を体験してこそ、人間になっていくのです。
私も、自殺するって、楽だろうなと、思うことがあります。あの世界を代表する黒澤監督も自殺をはかりました。


人は、冬が必ず、毎年来るのです。それは、自分の責任ではなく、自然の摂理なのです。私たちはいくたびの冬を経験してき、また、これからも経験するのです。冬はひとりでは生きていけません。北国の「かまくら」は、人が寄り添うための人の知恵です。


人は人でしか救うことが出来ない。この単純な理屈を皆忘れてしまっています。私は、いつも、人に助けてもらっています。


冬の時は、春を待つことです。

言葉綴り 33

「3つの幸福」

マザーテレサは幸福には3つあると、話しています。


1.与えられる幸福
赤ちゃんは自分で何も出来ないので、周りからお乳など、色々与えてもらっている。


2.出来るようになる幸福
努力して何かが出来るようになると、幸せを感じるものです。


3.与えることが出来る幸福
この幸福が最も幸福であると、話しています。教えられる幸福もこの中に入るかもしれません。与えるということは、成熟と関係するそうです。成熟とは、相手を尊敬することであり、自分の持っている美しいものを他者に与えられることだそうです。一番美しいものは「命」であり、だから「命」を貧しい人に与えるように努力していたそうです。蝋燭の灯は暗闇を明るくするだけではなく、温かくします。懐中電灯は明るくしますが、温かくはしません。蝋燭は自分を燃やしながら明るくするので、温かいと言っています。

言葉綴り 32

「愛は信じることから生まれ、委ねることで育まれる」

赤ちゃんを考えてみてください。
赤ちゃんは母親を100%信じます。信じられなければ、愛は生まれません。信じ愛が生まれたら、100%を母親に自分を委ねます。
私たちは信じることの大切をさを忘れ、すぐ疑います。また、命をかけて信じたものを守ろうとしません。
そして、委ねること、つまり、自分の弱さを知り、その部分を委ねることで、自分が育まれます。

赤ちゃんは自分の弱さを知っているので100%母親に委ね、その100%を感じ母親は命をかけて子を守ります。母親が命をかけて子を守ろうとするから、子は母親の100%ゆだねるのでしょう。


信じる大切さ、委ねる大切さが、忘れられています

言葉綴り 31

「見たもの、感じたことから、思索が生まれ、 文字に綴られる。共感は、多くの人にひろがって いくであろう」   レイチェル・カールソン
レイチェル・カールソンは「沈黙の春」の作者として有名です。この言葉のそこにあるのは、実践だと思います。


最近、プロレスの元レフリーがプロレスの暴露本を書き、話題になっています。この本を元プロレスラーのキラーカーン(日本人)が、「猛練習をした。はしを口に持っていけないぐらい筋肉がパンパンになるほど練習をした。名前を呼ばれて首が回らないので体ごと向けるほど練習をした。それは、自分のプライドである。そのような練習をした上でプロレスは成立している。そのようなプライドを全く無視した本である」
と、痛烈に批判していました。私も同感です。


私たちは年をとると現場から離れがちです。しかし、答えは現場の中にしかありません。
情報が多くなると、実際見なくなったり、事前に情報を入れすぎ、自分の目で見れなくなります。


最近妻と、患者さんのために働き、倒れてもいいのではとよく話します。そのような行為の中にこそ、生きているという実感があるのではないでしょうか。
日本のように物質に恵まれている社会では生きている実感を自分で作り出すしかありません。アジアのスラムの人たちは、今日を生きることが精一杯です。
私は患者さんに精一杯情熱を注ぎ込む中で、見たもの、感じたものを綴っていきたいと思っています。
時々寝食を忘れて人のために頑張りましょう。行動できない人は、人のことを考えましょう。


—お金持ちで幸せな人を見たことがない—マザーテレサ

言葉綴り 30

「人脈は作るもので、できるものではない」

私はよく「金脈はないが、人脈はある」と言います。
人脈は座って待っていても出来ません。
人脈を作るコツは、こまめに連絡することです。
年賀状でも、書中見舞いでも、誠実に約束を果たすことです。
メールの返事より、葉書の返事の方が人脈作りには、有効です。
初対面の人と約束したことは、きっちり守る、これも大切です。
最初の印象は残っています。


人脈は、心を豊かにします。甘え上手も人脈作りの大切な要素です。