院長室

 

堂園晴彦(Dr.Haruhiko Dozono)プロフィール

院長 堂園晴彦
堂園メディカルハウス 院長
社会福祉法人 塔ノ原福祉会 理事長
学校法人 吉井学園 理事長
NAGAYA TOWER 大家
堂園 晴彦
1952
2月29日 生まれる
1956
鹿児島大学附属幼稚園入園
1958
鹿児島大学附属小学校入学
1964
鹿児島大学附属中学校入学
1967
鹿児島県立鶴丸高校入学
1972
東京慈恵会医科大学入学
1978
医師免許取得、東京慈恵会医科大学産婦人科研修
1983
細胞診学会専門医取得
1983〜1986
国立がんセンターレジデントへ国内留学後、慈恵会医科大学産婦人科へ
1987
東京慈恵会医科大学講師、医学博士号取得
1988
鹿児島大学医学部産婦人科医局入局、講師
1991
堂園産婦人科継承(無床)、在宅ホスピス開始
1995
社会福祉法人塔ノ原福祉会、学校法人吉井学園 理事長就任
1996
堂園メディカルハウス設立(19床)、日本で最初に有床診療所でのホスピス医療を開始。以後、毎年100名前後の患者さんを入院・在宅で看取る。在宅看取り率約25%。以後、日本の緩和医療のトップランナーとして活躍してきた。
2001
NPO法人風に立つライオン設立
2011
NAGAYA TOWER 設立
2015
外来診察に特化した診療所に移行


関連著書

エッセイ・コラム

言葉綴り 28

「失う不安より、やらなかった後悔のほうが、死ぬ時恐い」

私たちは失敗を恐れる余り、失う心配をしがちです。未来に対する恐怖です。
しかし、死ぬ時は未来はなく、過去を、生きてきた道を振り返るだけです。
それは死ぬ時の年齢に関係ありません。いつでもそうです。


死を意識した時、残りの人生が短いと悟った時、、あの時しとけば良かったという残念無念は、人生最大の苦痛になります。
そのような方の死も見せてもらいました。


20歳の人は未来が90%でしょう。今年50歳の私は、未来が30%で、思い出が70%です。思い出の貯金はたっぷりあります。今までの思い出に匹敵する量の思い出をこれから作ることは不可能です。質は深めることが出来るかもしれません。


若きライオンたちよ、40歳までに何が何でも挑戦し、失うことを恐れず、自分に投資し、自分を熟成し、生きて欲しい。
私も若い頃マザーテレサの施設へ行きたかったのですが、術(すべ)を知りませんでした。
私の情報を通してたくさんの若者が行くきっかけになれば、それだけで、マザーテレサへお返しが出来た気がします。

言葉綴り 27

「頭は判断、腹は決断」


判断と決断は根本的に違います。しかし、昨今はこの二つが混同されています。

腹は、腹黒い、腹芸、腹を割って話す、腹から笑う、腹が据わっている等々、深いです。

判断はしばしば功利的ですが(形而下的)、決断は欲得を入れると失敗します。

大切な問題は安易に頭で考えないで、腹で考えることです。


生死をくぐり抜けた人こそが、決断力があります。また、責任をとってきた人もそうです。

逃げたくなる、人のせいにしたくなる、でも、踏ん張る、部下の失敗は最期は自分がとる、そのような体験の積み重ねが、腹を作ります。


しかし、今の日本では「男を磨け」ません。

風に立つライオンで是非「男を磨いて」欲しいと思っています。

玉磨かざれば、光らず、です。


判断と決断は根本的に違います。しかし、昨今はこの二つが混同されています。

腹は、腹黒い、腹芸、腹を割って話す、腹から笑う、腹が据わっている等々、深いです。

判断はしばしば功利的ですが(形而下的)、決断は欲得を入れると失敗します。

大切な問題は安易に頭で考えないで、腹で考えることです。


生死をくぐり抜けた人こそが、決断力があります。また、責任をとってきた人もそうです。

逃げたくなる、人のせいにしたくなる、でも、踏ん張る、部下の失敗は最期は自分がとる、そのような体験の積み重ねが、腹を作ります。

しかし、今の日本では「男を磨け」ません。

風に立つライオンで是非「男を磨いて」欲しいと思っています。

玉磨かざれば、光らず、です。

言葉綴り 26

「遊びを知らないものは物は作れない」

日本を代表する建築家100人余りに何が一番影響を受けたかとの質問に90%以上の人が小さい時の自然との遊び、交流と答えたそうです。

物を作るには、多様性が必要と思います。多様性は、いろいろなものに好奇心を持ち、行動することで育まれます。


師匠寺山修司は「退屈は敵だ」と煽動し、「私は大きな質問になりたい」と、言っていました。

動くことが今、一番求められています。

言葉綴り 25

懐かしさは 新鮮である

いつまでも若々しくいるためには、感受性が強くなければいけません。何事には新鮮な驚きが必要ですが、過去も新鮮なのです。


私たちは未来にばかり、新しいことばかりに目を向けがちですが、昔観た映画を久しぶりに観て、昔と全く違う場面に感動することがよくあります。初めて観た時より、かえって新鮮な気がします。


昔観ていなければ、さほど新鮮でなく、2回目の方が新鮮に思えます。不思議な感覚です。
経験、体験、実際五感で感じた記憶が多い人こそ、いつまでも新鮮な気持ちを保てます。


日本の著名な建築家数十人に「最も影響を受けた物はなんでしたか」
と質問したら、約95%の方が、幼い時の自然環境と答えたそうです。

言葉綴り 24

「私の趣味」



私の趣味は 妻です
そうご主人は 答えました


気落ちしている妻に
テンガロンハットをかぶせ
ウエスタンを歌いました
食欲が落ちた妻に
絶妙の味のパスタを作りました

幾度かの試練を二人で乗り越えた
妻からの最期のプレゼントは
全てを受容してた
安らかな笑顔でした

「妻のような幸せな最期を自分が
迎えられるとはとても思えない」
と、ポツリと話した夫が
家族と一緒に幸せな最期の時間を演出しました


すこし早い別れですが
全ての人がうらやむ旅立ちでした

言葉綴り 23

「苦しみを感謝に変える努力を」

順調に言っている時、どうしてこんな事が、と思うような出来事が起こることがあります。
意味のないことは、人生であまり起こりません。
不都合が起こった時、立ち止まって考えてみましょう。もがいてみましょう。
もがいた分だけ、立ち止まった分だけ、苦しんだ分だけ、振り返ったとき、魂が成長しています。そして、理不尽と思ったことに後で感謝します。

ただし、1人で苦しまないでください。一緒に考えてくれる、確かな友人、先輩、家族、医師等と持つことは人生を豊かにする確かな財産です。
幸せとは、楽しく食事を出来る家族、友人、仕事仲間を持つことが70%を占めるのでは。

私の友人の山下さんが長野の原 友美警察官を援助していました。私もお手伝いをしました。今回復職となり、大変嬉しいでした。
山下さんは長野まで出向き、裁判も傍聴し、サポートしました。
見ず知らずの人に対してです。熱血です。

不正に戦っている人を救おうとする行為には、損得はありません。
しかし、死を目前にした時、豊かな思い出として甦るでしょう。


思い出こそが財産です。苦しみに真正面からぶつかった思い出は安らかな最期を保障します。

言葉綴り 22

「もはや周りはほっておかない」



アフガニスタンで医療活動を17年間展開している中村医師を単なる篤志家として、他人事のように私たちは見てきたような気がします。
しかし、一旦世界中の注目を集める場所になった時、中村医師の存在は無視するわけにいかなくなりました。人がその人の生活を営む作業も同じだと思います。
評論家は未来を語りますが、その未来を実現するために、手を汚そうとしませんし、借金をしてまで自分の言語を実現する努力をしません。

イスラムが何故一夫多妻家というと、そのベースには古い歴史があります。
イスラムでは戦争は年長者、つまり、妻子もちから戦争に行くならわしがあるそうです。妻子もちは無理をしないで命を守ろうとするそうです。
しかし、命を落とし時、仲間の誰かが戦死し妻や家族の面倒をみる風習から、多妻になったそうです。愛人や二号としての一夫多妻ではないそうです。

マザーテレサもたった数ドルではじめましたが、ある時から「もはや周囲がほっておかない」存在になりました。
今のリーダーの多くはほって置きたくなる存在が多いのでは。
21世紀のニューリーダーは、本人が意識しないのに周囲が「もはや周囲がほっておかない」というタイプでしょう。中村 哲氏は、今日本で一番熱い人の1人でしょう。


寺山修司、唐牛健太郎以上に熱い人を若者の中に見つけたいです。
周囲がほっておかない人を。

言葉綴り 21

「実力は期待から作られる」



実力をつけるには、自分に期待することです。
浅田次郎は天才とは自分を信じられる人と書いていました。
次女は今のことをやらなければ、先のことなどわからないと、言っています。


今の自分に期待することです。

言葉綴り 20

「苦しみも、悲しみも未来の一部である」


私たちはバラ色の未来が成功と思いがちである。
そうだろうか。
夢に向かって行動し、実現するために生じる苦しみや悲しみは、必然であり、その中にこそ、意味、真実が含まれているのでは。
苦しみや悲しみを本当に知ったものの言葉が一番心に響くのでは。

言葉綴り 19

「不安なんかあるわけないじゃないですか」(野茂投手の言葉)


95年の日記をめくっていたらこの言葉が出てきました。彼が、アメリカへ渡り、この年の開幕直前のインタビューに答えてです。
その後に、「ここまで来てそんなことでどうするんですか。自分のピッチング、それさえきちんとできればそれでいいんです。
後は日本でもそうだったように、一生懸命練習するだけです」

95年はメディカルハウスの実計画に入っていました。
日本、いや、世界でも誰も取り組んでいない施設だけに不安がなかったわけではありません。野茂選手のこの言葉をメモしていたのは、勇気付けられたからでしょう。
野茂の本も読みました。野球選手の本では、村田兆治選手の本も感動しました。
野茂の一歩がその後の日本の野球を変えました。

堂園メディカルハウスがその後、日本の医療を変えたといえるほどになりたいです。

野茂のような若者が仕事仲間に加わってくれたらと思っていましたら、顔がそっくりの穂原君が翌年就職しました。今、彼は私の両腕のような存在です。
ちなみに妻は私の頭脳です。実は私は今、完全にロボットであり、歩く足は自分の物ですが、お金も指示もすべて私以外が管理しています。

心強く感じていましたが、私の居場所は掲示板以外になくなるのではと、心配です。
もうすぐ、単なる雇われ院長、無用の長物になりそうです。
でも、感情、感性、直感だけは誰にも管理されていません。


犬がおしっこをして存在位置を示すように、感情、感性、直感の
おしっこを病院のあちこちに匂わせています。