院長室

 

堂園晴彦(Dr.Haruhiko Dozono)プロフィール

院長 堂園晴彦
堂園メディカルハウス 院長
社会福祉法人 塔ノ原福祉会 理事長
学校法人 吉井学園 理事長
NAGAYA TOWER 大家
堂園 晴彦
1952
2月29日 生まれる
1956
鹿児島大学附属幼稚園入園
1958
鹿児島大学附属小学校入学
1964
鹿児島大学附属中学校入学
1967
鹿児島県立鶴丸高校入学
1972
東京慈恵会医科大学入学
1978
医師免許取得、東京慈恵会医科大学産婦人科研修
1983
細胞診学会専門医取得
1983〜1986
国立がんセンターレジデントへ国内留学後、慈恵会医科大学産婦人科へ
1987
東京慈恵会医科大学講師、医学博士号取得
1988
鹿児島大学医学部産婦人科医局入局、講師
1991
堂園産婦人科継承(無床)、在宅ホスピス開始
1995
社会福祉法人塔ノ原福祉会、学校法人吉井学園 理事長就任
1996
堂園メディカルハウス設立(19床)、日本で最初に有床診療所でのホスピス医療を開始。以後、毎年100名前後の患者さんを入院・在宅で看取る。在宅看取り率約25%。以後、日本の緩和医療のトップランナーとして活躍してきた。
2001
NPO法人風に立つライオン設立
2011
NAGAYA TOWER 設立
2015
外来診察に特化した診療所に移行


関連著書

エッセイ・コラム

ほろ酔い気分で

作家の曽野綾子さんは近著『沈船検死』の中で、「人の品位は忍耐によって身につき、覚悟とも密接だ。失う覚悟、屈辱や誤解、罵倒される覚悟、最終的には死ぬ覚悟だ。失う覚悟のない幸福続きの人間だけが、何かを失うと動転するのだ」と書いている。

人は死に臨んで覚悟ができるのだろうか。死後の事を考えられるのだろうか。

元船乗りの植松正人さんは生前、胃がんと闘いながらこう話した。

「未練や思い残す事が無いと言えば嘘になります。しかし、それも運命だと思っています。悲しくないといえばこれも嘘になりますが、私以上に残されるものが悲しいでしょう。それも仕方がありません」

植松さんはさらに続けた。

「360度星しか見えない風景は不思議ですよ。でも、北極星を目指すとちゃんと希望する所に行けるのです。人生もそんなもんだと思います。死んだら灰の一部を生まれ故郷の山と太平洋に撒いてもらえれば十分です。太平洋に撒いた灰は世界中の海をめぐってくれるでしょう」

私はまだまだ、覚悟ができていない品性の未熟な人間だとつくづく思った。人生の折り返しの時期に、曽野さんの文章と植松さんの品性に出会え、人生の道しるべを教えてもらった。

植松さんはその生き方から「いつ止むかわからない暴風雨の向こうに、いつも北極星が輝いており、信じて進めば、必ず目的地に辿り着ける」ことを語ってくれた。

秋の昼下がり、お墓参りに行きたくなった。

―ほろ酔い気分で―

秋が

少しずつ

ほんの少しずつ

深まりいく

昼下がり

亡き人の想い出を

青空いっぱい

描きたいものだ

ほろ酔い気分で

平成18年9月30日 南日本新聞「南点」掲載

理想を抱く皆様へ〜祖国再生のための第一歩

理想という言葉は絶滅寸前の希少動植物のように、日本から消滅しかかっています。これが絶滅しないように日本人の誰かが踏ん張らなければ、日本という祖国に未来はありません。私の上の世代が夢を食い潰しつつあるとするのなら、次の世代である私達は残された夢を皆で育み、子の世代、孫の世代へと、伝えていく義務があります。

まず理想を抱き、その理想を実現するために夢を描き、そして、夢を実現するために行動する。このことの素晴らしさを、実際に示していく使命を最近痛切に感じています。

Read More

マザーテレサへの道

昨年末、12月22日から28日まで、以前から是非行ってみたいと思っていたマザーテレサの施設に研修ボランティアへ行くことが出来ました。旅の目的は、この4年間頑張った自分へのご褒美と、たった一人で始めたマザーの活動が何故世界中に広がったのかを学ぶためでした。多くの寒さで震えている人を救うには、多くの毛布が必要であり、どのようにしたら多くの毛布を得られるかを学びたかったのです。そして、そのことが学べれば、今後の自分自身を含めメディカルハウス(以下DMHと略す)全体の成長、発展に大いに役立つと思ったからです。マザーテレサはもう20年以上前から尊敬しておりました。DMHを始めるにあたり基本的な考え方で影響を受けており、また、特別養子縁組を始めたのも、マザーテレサの考え方に強く影響を受けています。特に、「なくても与えよ」とか「傷つくまで愛せよ」等の言葉に出会いその思いに深く共感しておりました。

Read More

わすれられない一冊の童話

私はとても大切にしている一冊の絵本がある。

 その絵本の表紙の裏には私がここ6,7年で看取った患者さんの名前が書いてある。その数は優に350名を超え、殆どが癌の患者さんである。そして、この絵本は多くの遺族の方にグリーフケアの一環として差し上げている。

 絵本の題名は「わすれられない おくりもの」(評論社刊)である。

 みんなに尊敬されていたアナグマが亡くなり、モグラやカエルやキツネ等森の仲間達は悲嘆にくれ、なかなか立ち直れない。

Read More
8 / 8« 先頭...45678