院長室

 

堂園晴彦(Dr.Haruhiko Dozono)プロフィール
堂園晴彦
堂園メディカルハウス 院長
社会福祉法人 塔ノ原福祉会 理事長
学校法人 吉井学園 理事長
NAGAYA TOWER 大家
堂園 晴彦
1952
2月29日 生まれる
1956
鹿児島大学附属幼稚園入園
1958
鹿児島大学附属小学校入学
1964
鹿児島大学附属中学校入学
1967
鹿児島県立鶴丸高校入学
1972
東京慈恵会医科大学入学
1978
医師免許取得、東京慈恵会医科大学産婦人科研修
1983
細胞診学会専門医取得
1983〜1986
国立がんセンターレジデントへ国内留学後、慈恵会医科大学産婦人科へ
1987
東京慈恵会医科大学講師、医学博士号取得
1988
鹿児島大学医学部産婦人科医局入局、講師
1991
堂園産婦人科継承(無床)、在宅ホスピス開始
1995
社会福祉法人塔ノ原福祉会、学校法人吉井学園 理事長就任
1996
堂園メディカルハウス設立(19床)、日本で最初に有床診療所でのホスピス医療を開始。以後、毎年100名前後の患者さんを入院・在宅で看取る。在宅看取り率約25%。以後、日本の緩和医療のトップランナーとして活躍してきた。
2001
NPO法人風に立つライオン設立
2011
NAGAYA TOWER 設立
2015
外来診察に特化した診療所に移行
関連著書
エッセイ・コラム

インタビュー記事掲載

過去のメディア掲載情報です
ラジオ NIKKEI 『日曜患者学校』に
当院院長と緩和医療医 川越厚先生の対談記事が
掲載されました

 

患者様の『死』に立ち会うことが多い現場ですが、この記事を読んで
『死』に慣れないようにどのような自身の感性を磨く必要があるかを
見てもらえたらと思っています📚堂園 晴彦

 

南日本新聞に院長の記事が掲載されました!

ちょっと時間が経ってしまいましたが、6/28日の南日本新聞に、院長の記事が掲載されました。

大阪なおみ選手の「うつ」の告白をうけ、「脳疲労状態」の方がなぜうつになりやすいのか、分かりやすく説明しています。

 

当院では10年以上前から原因のよくわからない、どこも悪くないのにやる気がでない、だるい、疲れたっといった症状が

「慢性疲労症候群」や「脳疲労」から起こっているとして治療を行っています。

 

色々な病院にいったけど、原因がよくわからない。でも会社や学校に行きたくない。眠れない。うつなのかな?更年期なのかな?

ちょっとした心配で受診した方が、実は重度の慢性疲労だったということも多々あります。

 

何かよくわからないけど調子が良くない、という方はどうぞご来院ください😊

6/18発売のTJカゴシマに院長のインタビューが載りました!

6月18日発売の「TJカゴシマ夏2021号」に院長のインタビューが掲載されました!

 

ドクターズファイル、リビング新聞に続き、次はTJカゴシマです♪

今回は色々な病院の先生がそれぞれの専門分野の事をQ&A方式でお答えしています。

堂園メディカルハウスは「がん共存治療」についてお答えしました。

 

抗がん剤による治療を行わないと決めたら緩和医療しかないの?痛みは我慢するしかないの?などなど、

当院にご相談にいらっしゃる患者さんは様々な悩みや不安を抱えています。

25年にわたりずっとがんの患者さんを診てきた院長ならではの「がん共存治療」という考え方&治療です。

ぜひご一読ください♪

 

 

今日の中村哲先生の葬儀に思う

今日はアフガニスタンで活動された医師、中村哲先生の葬
儀です。日本中、そして、アフガニスタンでも悲しみに覆
われていると思います。中村先生の死は、私たちに平和と
は何か、幸せとは何か、そして、どうこれから生きるのか
を考えさせる大きなきっかけになったと思います。
中村先生はクリスチャンでしたので、今日は仕事を終わり
ましたら、ザビエル教会にお祈りに行きます。
中村先生の座右の銘「一隅を照らす」を肝に据え、目の前
の患者さんのために、また、新たな気持ちで診療したいと
思います。

 

堂園晴彦

中村 哲先生 

先日アフガニスタンで亡くなった中村 哲先生と院長は長らく交流がありました。

鹿児島にも講演会に来ていただいたことがあります。

 

MBCニュースで院長が中村先生についてインタビューを受けましたので

もしよければ下記リンクよりご覧ください。

 

以下院長より。

中村哲先生とは親交があり、アフガンにも医療ボランティアに行きました。

言葉が見つかりませんが、中村先生への追悼メッセージインタビューです。

堂園晴彦

https://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2019120500039492

 

 

新・言葉綴り-3 Paris at night (2019年9月11日)

久し振りに本棚にあったフランスの詩人ジャックプレベールの詩画集「鳥への挨拶」を、取り出しめくってみました。

一編の詩に紙がはさんでありました。いつはさんだかは覚えていませんが、まだいい詩だという感覚は残っているようです。

「夜のパリ PARIS AT NIGHT」

三本のマッチ 一本一本点ける 夜のなか

一本目は きみの顔全体を見るため

二本目は きみの眼を見るため

最後の一本は きみの口を見るため

そして真っ暗闇は それをみんな思い返すため

きみを腕に抱きしめながら。

新・言葉綴り-2 皮膚は脳を支配している(2019年9月15日)

皮膚は脳を支配している。

数年前に名古屋で学会があった時に、友人の美容整形外科医に会いに行きました。私の目尻のしわをみて、そのしわを取ってあげると言われ、ボトックス注射をしてもらいました。鹿児島に帰り、数日後からスタッフに「先生、最近怒りっぽいですよ」と言われ、ハッとしました。怒りっぽい理由は、目尻のしわ、つまり、笑いしわが無くなったからだと、思いました。

ヤクザは鏡を見て怖い顔の練習をするそうです。顔が怖くなると、心が怖い人になる。嫌な人から手を握られるとゾッとし、放したくなるが、好きな人からだとホッとし、ギュッと握り返したくなる。

尊敬する精神科医の神田橋先生から、「脳も皮膚も外胚葉から発生している(人間の臓器すべて、外胚葉、中胚葉、内胚葉のいずれかから発生しています)と、教えてもらい、そうか皮膚と脳は繋がっているのだと、納得しました。また、一個の細胞はすべての細胞につながっていることも教えてもらい、腰が痛いのに遠いツボに針やお灸をして、良くなるのも納得いきました。
足の裏に米粒一個ついても、気持ちが悪いですよね。

新・言葉綴り-1 昭和からはメロディーが聞こえる

新・言葉綴り-1 2019・8・25

しばらく休んでいた「言葉綴り」を、再回したいと思います。

「昭和からはメロディーが聞こえる」
最近、昭和的なテレビ・ラジオ番組が多いと、感じます。昭和にはメロディーを感じます。
師匠の寺山修司は劇団員に昭和精吾と名付けました。時代に合わせて、平成精吾としても令和精吾と名付けても、何となくしっくりこない感じがします。昭和精吾からはメロディーが聞こえてきます。

昭和精吾さんは、アジテート的なしゃべりの名優でした。その声が素晴らしいでした。
昭和から続いているNHKのラジオ番組で「音の風景」があります。音から風景を想像する。ラジオという媒体を通した音からその人なりの想像が膨らむのでしょう。
音から風景、時代を想像する。音を声と置き換えてみるとどうでしょう。ラジオを聞いているのは番組の内容もですが、「声」を聴いているのでは。テレビだと皆同じ風景
を観て、音=声は片隅に追いやれてしまいます。昭和天皇の敗戦時の玉音放送を先日テレビで久しぶりに聞きましたが、あの声のリズム・声質には、人を納得させる何かを感じます。
こんなことを書くのは、単に年取った私のノスタルジーでしょうか。

院長 堂園晴彦

2 / 1012345...10...最後 »