言葉綴り 3

人間にとって報酬とはなんでしょう。


私は従業員に何時も言っています。
報酬はお金や労働条件だけではありません。
達成感や喜び、時には悲しみ、悩みも報酬です。
また、人間関係が心地良い職場環境も重要な報酬の要素です。
そして、自分の人生にとって報酬とは何かを何時も考えて、
生きていく必要があります。


私は今、49歳です。

多分、自分が自分の肉体を使って先頭に立って働けるのは、後10年でしょう。
これからの10年を身を削って、削って働きたいと思っています。
身を削って働けるのは、後僅か10年しかないと気がついたとき、
自分のこれから10年間の報酬は何かを考えた結果です。


皆さんも、自分の人生の報酬は何かを考えて生きましょう。
自分でしか、見つけることは出来ません。

言葉綴り 2

愛とは肯定すること
愛するとは肯定する努力



キューブラロスは「命の唯一の目的は、成長し続けることにある。」
と述べています。そして、「究極の学びとは、無条件に愛し、愛される方法を身に付けることにある」と書いています。
マザーテレサは
「You have only to say Yes to God.」すべてに対して「はい」と言う大切さ、即ち、すべてを肯定する意味を説いています。


今日、何回否定する表現をしたでしょう。
今日、何回非難や、批判をしたでしょう。
今日、何回人の悪口を言ったでしょう。


人生はイエスなのです。

良医を育てるシステム作りを早急に

仙台で起こった準看護士筋弛緩剤殺人未遂事件は、終末期医療に携わっている私にとっては衝撃的事件であった。

この事件をニュースで聞き、京都の医師が同じ方法で安楽死事件を引き起こしたのをすぐに思い出したのは、私だけではあるまい。もし、今回の事件が京都の事件にヒントを得ているとすれば、医師は自分達の行為がコ・メディカルに及ぼす影響力の強さを再度認識しなければいけない。

Read More

21世紀の社会保障 ―医療と福祉が寄り添うために―

社会保障とは、その地域の人々が共有する意志や思想を具現化したものであり、その国の社会経済の反映である。

20世紀における社会保障の最大の目的は、人間の英知を集約し病気と貧困を原因とする死を遠ざけようとすることであった。

現在、我が国では、貧困の問題はほぼ解決され、世界一の長寿国となり、当初の目的であった「貧困と病気」は曲がりなりにもある程度達成できたと言って過言ではない。

Read More

この世を去ろうとしている患者さんの見舞いの方へ

韓国の医師で詩人の姜晶中(カンジョンジュン)氏は「実った果実の味から人々は過ぎ去った季節のことを後になって知る」と、書いています。

患者さんは病気が発病してから、ご本人の強い意志と皆様の支えを杖に、現在まで精一杯頑張ってこられました。
私共堂園メディカルハウスのスタッフも可能な限りサポートしてきました。

Read More

もう少し早くお願いします

癌治療に携わる医師へのメッセージー
堂園メディカルハウス 堂園晴彦 吉見太助 吉田恵子

1. はじめに

1996年11月に有床診療所で終末期医療をはじめた。外来は癌の患者のみでなく風邪や妊婦、また、心身症の患者も多く、町の気楽に立ち寄れる総合有床診療所の感が有る。

入院患者の約7割は癌の患者であるが、約3割は慢性疲労症候群、不安神経症、悪阻等色々な病気が原因で入院しており、駆け込み寺的な役割りも担っている。ホスピスマインドは、癌の患者のみでなく、風邪の患者に接する時も必要な心であり、堂園メディカルハウス(以下DMH)は心のケアをしてくれるのでと噂を聞いて来院する患者も少なくない。予想しなかった反響である。

一方、多くの医師はホスピスは、最期の最期に行くところであるとの認識が強く、患者本人や家族がDMHへの転院を強く希望しても、まだホスピスに行くには早い、あそこは死ぬ所だという説明をし、患者はぎりぎりになって来院することが多い。今回の論文がこのような状況を打破する役割りを担えばと思う。

Read More