どうしようもない不幸の連鎖

先日、母親が娘を8日間放置し、鹿児島の恋人に会い来ている間に、幼い娘が死亡するという痛ましい事件がありました。多くの人が鬼畜母親と思ったことでしょう。
その母親も母親からの虐待を受け、同じように餓死寸前で養護施設へ保護されていました。保護された時には、全身に包丁による切り傷が何十カ所もあり、しつけの一環として、切りつけられていたそうです。
今回の放置事件は、自分がされてきたことをしたまでとしか、思っていないのではないでしょうか。
高校時代は養護施設の暖かいサポートのお陰で、明るい高校生だったそうです。高卒後、東京へ行き、大都会で誰一人相談できる大人のいない世界では、避けられなかった出来事かもしれません。
だからと言って弁護するわけではありませんが、負の連鎖のどうしようもない不幸に、胸が詰まる思いがしました。
今コロナ流行のため、子育て中のシングルマザーの労苦は、想像以上と思います。社会的経済援助もですが、このような不幸が二度と起こらないように、未来の日本を支える子供たちへの援助も切にお願いしたいです。

現在、日本の虐待を受ける人は15万人と言われています。少しでもと思い、特別養子縁組みとファミリーホームに取り組みました。風に立つライオンの歌詞にある、「残念だけどこの国は大切なところで道を間違えたようですね」の言葉が胸に刺さります。
院長 堂園晴彦

8月の診療案内

8月の診療案内をお知らせいたします。

お盆期間は、診療時間が変更になっておりますのでご注意ください。

また、ヨガサークルは、コロナウイルスの感染拡大により

しばらくお休みさせていただきます。

また、再開の際にはお知らせいたします!!

 

 

今日は本格的に夏!!という天気ですね♪

雨が多かったので、久しぶりの晴れの日がうれしいです☺

また週末は雨の予報ですが・・・☔

水分補給をしっかりして皆さん熱中症にお気を付けください☼

*今週のお花*

今週のお花は、キイチゴ と ユリ です🌼♪

キイチゴは、木になる苺の総称で、ラズベリーやブラックベリーなどが挙げられます‼

花言葉は、『愛情』『謙遜』『尊重される』です。

3月~4月頃に徐々に白い花を咲かせるそうです。

苺の花に似ていますが、少しキイチゴの方がどこか凛々しく大人っぽい雰囲気の花を咲かせるそうですよ。

どのような花が咲いていくのか、私も楽しみです ♪♪

ユリ は、いっぱん的には白のイメージが多く感じられますが、

色も様々で、赤やピンクや黄色やオレンジなど鮮やかな花を咲かせます。

飾ってある、黄色のユリの花言葉は、『偽り』『陽気』です。

花言葉も色によって異なるそうですので、皆さんも調べてみては👀⁈

 

お見舞いの作法

お見舞いにも作法があるようだ。

先日、私の診療所の看護師が、茶道の第一人者の訪問看護に行ったとき、その作法を聞いてきた。

「前の病院で、あと1、2週間と言われたの。転院したとき先生に、まだしなければいけないことがあるから、あと2、3週間は生かしてくださいと、お願いしたの」看護師にそう話した患者さんは、やらなければいけなかったことはすべて終え、その2、3週間も過ぎていた。

Read More